日本で行うことのできる脱毛の種類

現在日本では、脱毛サロンやエステなどの光脱毛、クリニックのみのレーザー脱毛、種類によってはエステサロンでも施術可能なニードル脱毛の3種類の脱毛を行うことができます。
それぞれメリット・デメリットがあるため、それを知ってから行うことがおすすめです。
光脱毛とレーザー脱毛は、特殊な光・レーザーを照射することで、毛のメラニン色素に反応させて熱エネルギーに変換し、毛乳頭などを破壊することで脱毛します。仕組みは同じですが、出力が違うため脱毛力も違ってきます。
ニードル脱毛は、毛穴に針を挿入して電流を流すことで毛根を壊すという方法です。

それぞれのメリット・デメリット

光脱毛は、エステサロンを中心に幅広く行われている脱毛方法です。広範囲を一度に照射できるため施術時間が短く、価格も比較的安くなっているというメリットがあります。出力が弱い代わりに、痛みが少ないのも特徴です。
デメリットとしては、脱毛力が弱いため脱毛完了するまでの期間が長くなっています。また、永久脱毛ではないということも理解する必要があります。
レーザー脱毛は、クリニックでのみ受けられる脱毛です。光脱毛よりも効果が高く短期間で脱毛完了することができます。永久脱毛することが可能で、万が一トラブルがあってもすぐに対処してもらえます。ただし、出力が高い分だけ痛みが強く、価格も比較的高めです。

ニードル脱毛は、確実に永久脱毛することができます。しかし、毛穴一つ一つに施術が必要なため、時間がかかり価格も高いというデメリットがあります。

上野の脱毛サロンは、この地区にある駅周辺に多数点在しています。エステサロンとクリニックの両方があり、自分に合ったサロンを探し易いです。脱毛エステの中には、23時まで開店するサロンもあります。