地肌が少し気になる程度のとき

薄毛の進行の仕方にはいくつかあり、前髪の生え際が後退するタイプだと早めに症状に気づけるでしょう。一方頭頂部が薄くなるタイプだと気づきにくく、ヘアサロンで頭頂部を鏡で見せられて気づいたり誰かから指摘を受けて知るときもあります。地肌が少し見える程度で禿げているより薄毛の状態であればagaの治療としては投薬などを選ぶと良いでしょう。agaでは毛根の発毛サイクルの乱れが起きていて早く抜けたり発毛を休止していたりします。休止して毛が生えていないのであれば薬によって発毛サイクルを正常にして再び生えさせられるかもしれません。まずは検査をしてくれる医療機関を受診して様子を見てもらい、投薬や頭皮に直接薬を注射する治療をしてもらいましょう。

完全に毛が生えていない部分があるとき

薄毛がどんどん進行していくと地肌がどんどん見えてきて、さらに髪の毛の部分よりも地肌の色が強くなります。それでもまだ髪の毛が生えているなら薬によってaga治療できるかもしれませんが、完全に禿げて髪の毛が全くない状態だと薬での治療ができないかもしれません。毛根は正常に活動している状態や休止の状態があり、これらの状態なら異常があっても薬で正常に戻せます。しかし休止ではなく毛根が完全に機能していないときは薬でも戻せません。このときのaga治療の選択として自毛植毛があり、毛量が多い部分の毛根を禿げた部分に移植して発毛を期待します。前頭部や頭頂部は薄毛になりやすいですが側頭部や後頭部は薄毛になりにくく、その部分に髪の毛が残っていれば移植が可能です。

最近、積極的に男性の薄毛の悩み対策に乗り出す人が増えています。外見に自信が持ちたいのならagaを千葉で治療してみましょう